歯周病はタバコで悪化する

口臭というのは知らない間に人に感じられていることもあります。 口臭の原因で一番多いと考えられているのは、歯周病。歯周病対策の商品もでてきていますね。 現在、歯周病がタバコを吸うことで悪化することがわかっています。 もちろん歯周病は口臭の原因になっているので、喫煙がよいものだとは言えませんね。 タバコはその他にも歯によくないことがあります。 歯周病を起こしているとき歯肉が炎症するのですが気づきにくくなる場合があるからです。 それはどうしてかというと、身近にタバコを吸っている人で歯茎が暗めの紫色をしている人はいませんか? 喫煙していると歯茎の色が変化することがあるからなのです。 結果、炎症を起こしていても気づかないといったことが起きてしまうのです。 健康はもちろん、歯の健康のためにもタバコはよくないのですね。
小学校の入学祝い

歯周病の検査

歯周病が進んでしまうと口臭の原因になってしまうことがあります。 歯磨きをきちんと行い予防することはできますが、定期的に歯医者で虫歯の有無、歯周病になっていないか診察をうけることをおすすめします。 虫歯も、歯周病の早い発見が大切です。 歯周病の検査はどんなことをするのでしょうか。 歯周病の検査方法は、まずはじめに正確に見るためにも、歯垢を除去することからはじめます。次に器具を使って歯周ポケットの深さを測ります。 そして歯茎の状態を見るために、出血の有無を確認。最後にレントゲンを使い、歯の周囲にある骨が溶けてきていないかを見ます。 かかりつけの歯医者を見つけ検査を定期的に行い、歯周病、口臭予防を心がけていきましょう。
ミドリムシダイエット

歯周病とサイトカインの関係

歯周病は口臭を招くだけでなく歯が抜けてしまうこともある怖い病気です。最近では健康をそこなうとまで言われていて、その対策を考えられた歯磨剤なども売られていますね。ではどうして歯周病が進行すると歯が抜けて落ちてしまうのでしょうか。 そこにはサイトカインという物質が関係しているのです。 サイトカインは歯周炎が起きているとき細菌を殺菌しようとするときにでてくる物質なのです。 一見細菌を殺菌してくれるならいいのではないかと思うのですが、一つ問題があるのです。サイトカインはもう一つ働きをもっていて歯骨細胞の働きをよくします。 聞こえはよいのですが、ここが問題でこの細胞が活発に働くと歯槽骨が吸収されてしまい、最終的には歯が抜けてしまうのです。 歯周炎の炎症を早く治療して治せればよいのですが、治療せず時間がたてばたつほどこのサイトカインが出てくることになります。 体の健康、歯の健康のためにも、歯周病対策をしましょう。
ニキビ治療

歯周病は体にも悪影響

歯周病の怖さは健康番組などメディアで取り上げられていますね。 歯周病は、口臭の原因になることや体への影響が影響視されてきています。 歯磨剤、歯ブラシでも歯周病対策を目的としたものが数多くでてきていますよね。 歯周病は進行してくると歯周ポケットができてきてしまい、ここに歯垢や歯石が溜まってしまうのですが、歯周病がさらに進行すると細菌や膿がでるようになってしまいます。 この膿や細菌はもちろん口臭の原因にもなってしまいます。 歯周ポケットからでてきた細菌や膿はどこにいくのか。 口の中の唾液があり、唾液は体の中に流れていきますよね。この細菌、膿も一緒に流れていくのです。 口の中を清潔に保つことの大切さに気づかされますね。 流れたものが体内に入ると血液の流れと一緒になってしまいます。細菌がながれていくのですから、体に悪いということはすぐわかりますね。 歯周病の怖さを知って、対策をより強めたいですね。 住民票 移動

歯周病対策に堅いもの

歯周病は体に悪い影響があることや、口臭の原因になるとメディアなどでよく聞きます。 歯並びが悪いと歯周病にかかりやすいと考えられています。 私たちは生きていくために、毎日食事をとっています。 歯周病と食事の取り方の関係について調べてみました。 歯周病にかかりやすい食事の仕方、逆にかかりにくい食事の仕方というものがあることがわかりました。 最近の人は固いものよりもやわらかいものを好んで食べる傾向あるそうです。 固いものにくらべやわらかいものは、強くかむという行為が少ないため、だんだんあごが細くなるのです。 結果、歯並びが悪くなってしまいます。歯並びが悪いとどうしても歯磨きで磨き残しの部分が出やすく歯周病をおこすきっかけとなってしまうのです。 固いものを噛むようにして、あごを力つけるように気をつかうとよいでしょう。 ホホバ油

マスティックで歯周病予防

最近ドラッグストアに行き歯磨きのコーナーに行くと、さまざまな歯周病対策、口臭対策の商品ができていますね。

その中で気になったものがあったのでご紹介します。

それは「マスティック」というものです。私もまったく初めて目にしました。聞いたことも初めてなくらいです。

このマスティックの主な作用は抗菌作用があるとされていて、歯周病予防が期待されています。

歯周病が進行してくると口臭の原因になるとされていますので、口臭予防にもなりますね。

もしかしたらこれからマスティックが配合された商品がたくさん出てくるかもしれないですね。

歯周病予防に効果のある商品を使いつつ自分自身でも歯磨きを徹底してきれいな歯でいたいですね。



福袋


歯周病や口臭予防専門の歯ブラシ

虫歯予防、歯周病予防、口臭予防のために歯磨きが大切です。 しかし普通の歯ブラシは歯の表面の汚れを落とすことは十分できますが、歯と歯の間や奥歯の隅々まで磨くことは難しく感じます。 最近ではそういったことを予防するために専用の歯ブラシが売られてます。 歯間ブラシを例にとってみましょう。 歯間用に作られているのでとても変わった形をしています。私も使用したことがありますが、よく汚れをかきだしてくれます。 歯と歯の間は食べた後のかすがたまりやすく、放っておくと歯周病をおこすきっかけにまでなりかねません。 今使用している歯ブラシに歯間ブラシをつけたして、歯の表面だけでなく歯と歯の間まできれいにして綺麗な息ですごしましょう。 383838

漢方のうがい薬

皆さんは口臭、歯周病予防に歯磨き以外で普段何かしていることはありますか? 食事をした後お茶を飲むことや、食後の歯磨き、時間がない時などは洗口剤など予防する方法がありますね。 市販でもたくさんの洗口剤が売られていますが、漢方の分野でも口臭、歯周病を防いでくれるものがあるのです。 それは漢方のうがい薬です。 市販の洗口剤は、殺菌する力が強すぎる物もあるといわれています。 漢方のうがい薬の方は、口の中の免疫力をバランスよくし、原因菌だけを除去する効果があるのだそうです。 まずはきれいに歯を磨くことを心がけ、洗口剤や漢方のうがい薬を併用し口臭、歯周病予防をするとよいのではないでしょうか。

歯周組織

歯周組織はセメント質、歯根膜、歯肉及び歯槽骨からなります。セメント質は歯の一部であり同時に歯周組織でもあります。歯槽骨は歯を支持するために歯の周りを囲み、"ソケット"と呼ばれる物を作ります。歯根膜はセメント質と歯槽骨を繋ぎます。歯肉は口腔内において見える組織です。

歯周治療学の概要

歯周疾患の治療を取り扱う歯周治療学においては、歯の支持組織や歯周組織の構造を探求し、歯周疾患の疫学的調査や局所的・全身的因子、治療法と予防法の研究がなされています。特に、歯周治療の治療計画については、初期治療、根治的療法と再評価、メインテナンス療法の三相に分類された治療が一般的ですが、その方法論については複数のアプローチがなされています。

歯周治療学とは

歯周治療学(periodontics)とは歯科学の一分野で、歯牙周囲に発生する疾病に関して研究、分析、治療を行うものです。

また、歯周病学(periodontology)や歯周療法学とも呼ばれ、歯学部・歯科大学に研究室が存在するのが一般的であり、研究に従事している人は歯科医師の他に感染症専門医や歯周病専門医がいますが、中には薬剤師や理学部出身者などの研究者も在籍しています。

歯周外科手術の種類

歯周ポケット掻爬術   新付着術   歯肉切除術  歯肉整形術

歯肉剥離掻爬術   歯周組織再生療法  組織再生誘導法

歯槽骨整形術  歯槽骨切除術   骨移植術   歯肉歯槽粘膜形成術

小体切除術  小体切断術  歯肉弁移動術  歯肉弁根尖側移動術

歯肉弁側方移動術  歯肉弁歯冠側移動術   口腔前庭拡張術

口腔前庭開窓術  遊離歯肉移植術  歯肉結合組織移植術

歯根切除術  歯根分割術  トンネル形成術  歯冠形態修正

分岐部形態修正

等があります。

歯周外科手術の禁忌

口腔内に炎症のある状態では出来ません。また、心疾患、腎疾患などの患者は禁忌です。

歯周外科手術の目的

歯周外科手術の目的としては、

歯周ポケットの除去
歯周組織の形態を修正することで、ブラッシング等の口腔清掃を容易にすること。
等により歯を保存させる事です。

歯周外科手術

歯周外科手術とは歯周疾患に対する治療の一つ。歯周外科治療とも言います。歯周組織に行う手術のことです。通常、口腔衛生状態が良好で、歯の保存を求める患者に行います。

歯周疾患を評価する指数

歯周疾患を評価する指数は多いです。

現在知られている物としては、プラークコントロールレコード(PCR)、プラークインデックス(PLI)、OHI、OHI-S、歯垢指数、歯石指数、PHP、PSS、PMA指数、Gingival Index、Gingival Bleeding Index、PI、PDI、GB count、地域歯周疾患指数(CPI)等があります。

歯周疾患の種類

以下の疾患が知られていますが、このほかにもいくつかの分類法があります。

@単純性歯肉炎   @辺縁性歯周炎   @成人性歯周炎

@思春期前歯周炎  @若年性歯周炎   @急速進行性歯周炎

@薬物性歯肉増殖  @フェニトイン歯肉増殖  @ニフェジピン歯肉増殖

@シクロスポリン歯肉増殖   @急性ヘルペス性歯肉炎

@急性壊死性潰瘍性歯肉炎   @急性壊死性潰瘍性歯周炎

@歯肉繊維腫症   @慢性剥離性歯肉炎   @パピヨン・ルフェーブル症候群

@歯肉膿瘍   @歯周膿瘍  @歯冠周囲炎  @智歯周囲炎



歯周疾患とは

歯周疾患(ししゅうしっかん)とは、歯周組織に発生する、疾患の総称のことである。歯垢が主要な原因の一つである疾患が多いが、単に歯垢のみでなく、多くの複合的要因によって発生する。また、歯垢が一切関係ない(非プラーク性の)歯周疾患も多数存在する。

なお、歯周疾患のうち、歯肉に限局した炎症が起こる病気を歯肉炎(しにくえん)、他の歯周組織にまで炎症が起こっている物を歯周炎(ししゅうえん)という。ただし、通常、歯肉炎、歯周炎といった場合、それぞれ、単純性歯肉炎、辺縁性歯周炎を指すのが一般的である。

 
口臭サプリ カテゴリー索引


インプラント

インプラントとは
埋入位置による分類:歯内骨内インプラント
埋入位置による分類:骨内インプラント
埋入位置による分類:骨膜下インプラント
インプラントの課題1
インプラントの課題2
インプラントのメリット
インプラントのデメリット
インプラントの歴史
歯科補綴学とは
歯科補綴学の分類
歯根膜とは

歯肉溝とは

歯根膜の機能
歯科インプラント学とは

口臭

口臭消臭サプリ シャンフィル

口臭エチケットサプリメント 楽臭生活

笑うことで口臭予防対策

口臭の原因となる虫歯・歯肉炎・歯周病

口臭予防対策百科へ


矯正歯科

矯正歯科のご相談



審美歯科

審美歯科とは
審美歯科の具体的内容
審美歯科学とは
歯科審美学の定義
SPA要素


ブリッジ

ブリッジとは
ブリッジのメリット
ブリッジのデメリット
可撤性義歯;可撤性ブリッジ

歯周病

マスティックで歯周病予防
歯周疾患とは
歯周治療学とは
歯周病の検査
歯周病はタバコで悪化する
歯周外科手術
漢方のうがい薬
歯周病や口臭予防専門の歯ブラシ
歯周病とサイトカインの関係
歯周外科手術の種類
歯周組織
歯周治療学の概要
歯周外科手術の目的
歯周病対策に堅いもの
歯周病は体にも悪影響
歯周外科手術の禁忌
歯周疾患を評価する指数
歯周疾患の種類

スカイス

スカイスとは
スカイスの概要
スカイスの治療法

咬合

不正咬合の種類
不正咬合の治療:保定
不正咬合の治療:矯正装置
不正咬合の治療:治療費用
不正咬合の治療:治療の段階
不正咬合の治療:矯正を行う時期と治療期間
不正咬合の治療:矯正治療中の注意
不正咬合の治療:起こりうるトラブル
矯正歯科とは
臼歯離開咬合
両側性平衡咬合
片側性平衡咬合

デンタルケア

ツインナノクリアー
白く輝く歯のために
ホワイトキューブ2本セット