不正咬合の治療:治療費用

初期費用(検査・診断料)
基本施術料:数十万円から
診察料(調節料、観察料)
原則として、健康保険はきかない
健康保険がきく症例
健康保険対象外の治療でも医療費控除

不正咬合の治療:起こりうるトラブル

起こりうる問題として考えられるのは、
虫歯、歯肉の炎症 、装置の破損などがあります。

不正咬合の治療:矯正治療中の注意

避けるべき食べ物 : 固いもの、粘つくものを避ける。
装置のトラブル : はずれたり、こわれたりしたときやひどく痛むときはすぐに歯科医師に連絡し、指示をあおぎましょう。
予約を守り、定期検診をきちんと受ける、などがあります。

不正咬合の治療:保定

保定とは、矯正において、目的の位置に歯や顎骨が移動した後、その位置に固定し、後戻りしないようにする作業を保定といいます。一般的には器械的保定を行います。保定を行う期間については、個人差などにより一概には言えません。

不正咬合の治療:矯正装置

矯正装置は大きく分けると、器械的な力を用いて歯の移動や顎の成長のコントロールを行う器械的矯正装置と、それ自体はなんら力を及ぼさせず、患者の口腔周囲の機能を整える機能的矯正装置の二種類がある。

一般的に知られる装置としては、

チンキャップ、上顎顎外固定装置(ヘッドギア)、上顎前方牽引装置
舌側弧線装置、唇側弧線装置
マルチブラケット
エッジワイズ装置:エッジワイズ法
バンド、輪ゴム
等がある。

不正咬合の治療:治療の段階

治療の段階にはいくつかあります。

まずは、歯磨き指導
次に、顎の発育コントロールなど
それから、歯の3次元的移動
必要があれば抜歯
保定 、です。

不正咬合の治療:矯正を行う時期と治療期間

矯正を行う時期については、個々の症例で大きな差があり、一概には言えません。しかしながら、早い時期に矯正歯科を訪れ、治療手段を決めることが望ましいようです。

大人でも矯正は可能ですが、子供が、顎の成長と歯の生え替わりを利用する事で、装置を利用して矯正可能な範囲においても、大人では手術を行う必要があることもあります。

不正咬合の種類

不正咬合には、個々の歯の位置の不正、複数の歯の位置の不正、歯列弓の形態の不正、上下顎の歯列弓の位置関係の不正があります。歯列弓の位置関係について、アングルの不正咬合の分類が知られています。

矯正歯科とは

矯正歯科(きょうせいしか)とは、不正咬合を治す歯科の診療科の一つ。標榜科として認められている。矯正力により歯を移動させ、あるいは上顎骨、下顎骨の形態変化を起こすことで、審美性や顎口腔機能の回復やその予防を目的とします。

不正咬合は多くの疾患や機能障害の原因となり、これを取り除く矯正歯科の役割は大きいと思われますす。




臼歯離開咬合

咬頭嵌合位から下顎が側方運動を行う時、作業側では上顎犬歯の舌面と下顎犬歯の遠心切端および下顎第一大臼歯頬側咬頭近心斜面とが接触を保ちながら滑走しますが、それ以外の部分では上下顎の歯は離開しています。

下顎が前方運動を行うとき前歯部では、上顎切歯の舌面と下顎切歯の切縁とが接触を保ちながら滑走しますが臼歯部では、上下顎の歯は離開しています。また、咬頭嵌合位では上下顎の前歯は僅かに離開しています。

両側性平衡咬合

咬頭嵌合位から下顎が側方運動を行う時、臼歯部において作業側では上顎の頬側咬頭と下顎の頬側咬頭、上顎の舌側咬頭と下顎の舌側咬頭とがそれぞれ接触し平衡側では上顎の舌側咬頭と下顎の頬側咬頭とが接触するような咬合様式をさします。

片側性平衡咬合

咬頭嵌合位から下顎が側方運動を行う時、臼歯部において作業側では上下顎の歯の間に咬合接触が見られますが、平衡側では上下顎の歯が離開しています。

また、下顎が前方運動を行うとき前歯部では下顎前歯の切縁が上顎前歯の舌面に接触しながら滑走するが臼歯部では上下顎の歯は離開しています。

このような咬合様式を片側性平衡咬合またはグループ・ファンクションド・オクルージョンと呼びます。

咬合(こうごう)とは

咬合(こうごう)とは、上下顎の歯がかみ合うことを指し、さまざまな咬合様式があります。その咬合様式により、顎関節症や開口障害、嚥下障害、齲蝕、歯周病の発生など多岐にわたる症状を起こすことがあり、正しい咬合が求められます。

尚、歯科医療においては、補綴科(全部床義歯、部分床義歯、クラウン・ブリッジ、インプラント)なで重要な要素となる為、咬合様式の研究が盛んに行われています。

咬合には、歯科医師をはじめ基礎歯学の解剖学(口腔解剖学)や生理学(口腔生理学)など様々な分野の専門家が研究に従事しており、専門医(認定医)制度も施行されています。

 
口臭サプリ カテゴリー索引


インプラント

インプラントとは
埋入位置による分類:歯内骨内インプラント
埋入位置による分類:骨内インプラント
埋入位置による分類:骨膜下インプラント
インプラントの課題1
インプラントの課題2
インプラントのメリット
インプラントのデメリット
インプラントの歴史
歯科補綴学とは
歯科補綴学の分類
歯根膜とは

歯肉溝とは

歯根膜の機能
歯科インプラント学とは

口臭

口臭消臭サプリ シャンフィル

口臭エチケットサプリメント 楽臭生活

笑うことで口臭予防対策

口臭の原因となる虫歯・歯肉炎・歯周病

口臭予防対策百科へ


矯正歯科

矯正歯科のご相談



審美歯科

審美歯科とは
審美歯科の具体的内容
審美歯科学とは
歯科審美学の定義
SPA要素


ブリッジ

ブリッジとは
ブリッジのメリット
ブリッジのデメリット
可撤性義歯;可撤性ブリッジ

歯周病

マスティックで歯周病予防
歯周疾患とは
歯周治療学とは
歯周病の検査
歯周病はタバコで悪化する
歯周外科手術
漢方のうがい薬
歯周病や口臭予防専門の歯ブラシ
歯周病とサイトカインの関係
歯周外科手術の種類
歯周組織
歯周治療学の概要
歯周外科手術の目的
歯周病対策に堅いもの
歯周病は体にも悪影響
歯周外科手術の禁忌
歯周疾患を評価する指数
歯周疾患の種類

スカイス

スカイスとは
スカイスの概要
スカイスの治療法

咬合

不正咬合の種類
不正咬合の治療:保定
不正咬合の治療:矯正装置
不正咬合の治療:治療費用
不正咬合の治療:治療の段階
不正咬合の治療:矯正を行う時期と治療期間
不正咬合の治療:矯正治療中の注意
不正咬合の治療:起こりうるトラブル
矯正歯科とは
臼歯離開咬合
両側性平衡咬合
片側性平衡咬合

デンタルケア

ツインナノクリアー
白く輝く歯のために
ホワイトキューブ2本セット